アウトドア

【乳幼児、子連れの登山 高山病編】登山の安全について考えた!

登山にいきたいなぁと思っても、新型コロナウイルスの影響で、なかなか難しいかもしれません。

そんな世の中ではありますが、子どもと登山をしたい、計画を立ててみようとしている方に、読んでもらえたら、嬉しいです。

わが家の経験を振り返り安全登山について考えてみました。

わが家の場合

生後13ヶ月登山デビュー 高尾山ケーブルカー利用

息子は生後13ヶ月で登山デビューしました。

記念すべき最初の山は、ミシュランに登録された高尾山。

もちろん、自分で歩くことはできないので、ベビーキャリーを活用しました。

登頂後、もみじ台まで下り、茶屋でのんびり過ごしました。

もちろん、往復ともケーブルカーに乗りました。

親の、体力を温存するって意味が大きいし、子どもはケーブルカーに乗るだけでもテンション上がりますからね。

わが子は、ほげーっとしていましたが、、、😅

ベビーキャリーを使用していたので、子どもにとっての負担は少なかったかなと思います。

箱根駒ヶ岳 ロープウェー利用

高尾山の次に目指したのは、箱根の駒ケ岳です(標高1356m)。

駒ケ岳はロープウエーで直で登れます。

ロープウェー山頂駅が、「ハウルの動く城」に出てきそうな雰囲気を醸し出していました。

巨大な屋上庭園みたいな所です。

 

眼下には芦ノ湖が、また、富士山の眺望も素晴らしいです。

この時も、ベビーキャリーを使ってました。

入笠山 ゴンドラ利用

その翌月、もっと標高が高く、気軽に登れる山を検討した結果、長野県の入笠山に向かうことにしました。

入笠山は長野県中西部に位置する、標高1955mの山です。

デビューした高尾山は、標高599mなので、標高差はかなりのものです。

 

スキー場のゴンドラで一気に標高を稼げるので、子連れ登山に向いているなと考えました。

ゴンドラで山の中腹まで移動。

登山道では、多くの登山客とすれ違い、おばちゃん方から「がんばってるね。おとうさん。」と声を掛けられ有頂天になる私。

頂上に着くと、あるテレビ局のクルーが登山番組の収録をしていました。

私たちもインタビューを受け、子連れ登山の楽しさを語らせていただいたのですが、、、。

インタビュー後、登山経験が豊富そうなカメラマンから、ある指摘を受けて、ハッとしました。

「乳幼児を高所に連れてくることはリスクが伴いますよ。低酸素や鼓膜への影響とか。」

ガラガラガッシャーン!

私の心にぐさりと突き刺さりました。

標高の高い登山が、乳幼児の身体にどのような影響をおよぼすのか、まったくもって、認識できていませんでした。

ご指導いただいた後です

医学的な立場で安全登山を考える

登山は大前提として、高度差を伴う移動にあります。

注目すべきポイントとして、高度が上昇することで、酸素濃度が低下します。

ヒトにとって呼吸は生きるために必要です。

大気から酸素を体内に取り込み、体内でできた二酸化炭素と交換し、二酸化炭素を排出する行為を、絶え間なく行っています。

高山病が起こりやすい高度

高山病は低酸素環境の高所で起こる病気で、標高2500m以上の場所で起こるといわれています。

高度と酸素飽和度の関連性

赤血球の中のヘモグロビンが肺で酸素と結合して、身体の隅々まで酸素を運ぶ役割があります。

ヒトは高所に行くと、どのような変化があるのでしょうか?

図解 山の救急法という本にこのように記載ありました。

海抜0mであれば酸素とヘモグロビンが結びつく割合は98%です。しかし、高度を上げると、気圧が下がり、酸素も薄くなるため酸素飽和度が低下し、低酸素血症になります。待機中の少ない酸素を取り込むために、呼吸数が多くなり(過換気)、これが続くと血中の炭酸ガス分圧が低下して「呼吸性アルカローシス」になり、血液がアルカリ性に傾きます。

図解 山の救急法 著者 金田正樹、伊藤岳 イラスト橋尾歌子 出版社 東京新聞出版局

血液がアルカリ性に傾くことは、身体にとって深刻なことです。

ふらつき、筋肉のけいれん、錯乱、失神などの原因になります。

登山中、これらの症状が現れたら非常に厄介ですね。

集団で行動しているなら、助けを求めるのは容易ですが、単独行となると、登山者が多いエリアだったらまだしも、少ないエリアであれば、冷や汗もんです。

標高酸素飽和度
海抜0m98%以上
富士山山頂 3776m85%
エベレストベースキャンプ 5300m 60%
デスゾーン 8000m以上 40%以下

標高と酸素飽和度の関係

子どもの場合は経験も少なく、ましてや乳幼児となると、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が高度によるものなのか、疲労によるものかを判断することは困難です。

登山を続けるか、下山すべきか引率している大人がすぐに判断する必要があります。

むすこ
むすこ
おとなのひと
そこんとこ、よろしく!
ふじのん
ふじのん
そうだね。
安全に登山を楽しもう!
昔っから、お家に帰るまでがって、いうよね。

まとめ

わが家の事例を交え、お伝えしました。

特に大きな問題はなかったと思います。そうだといい(こころの声)。

乳幼児が、会話ができれば、「○○が痛い」「気持ち悪い」って表現できるけど。

それはできません。

親や同伴者が、子どもの変化を、見逃さないように務めなければなりません。

今回、高山病をメインにお伝えしましたが、登山の安全については、もっともっと考えないといけません。
気温が高くなってくるこれからの時期、熱中症、脱水などの危険性が高まります。

安全に登山を楽しんでいきたいですね。

・無理な計画を立てない
・体調不良になったら、可能であれば下山する

それでは、また。

わたしの登山スタイルに影響を与えてくれたヒトわたしの登山スタイルは、ガンガン攻めるのではなく、一般的な登山・ファミリー登山と行ったようなスタイルに落ち着いてきました。 ...
ABOUT ME
ふじのん
カングー乗りです。 アウトドアスポーツ好き。 趣味でベーグルを焼いています。 以前は電気関連の技術職でした。現在は医療従事者。第5回公認心理師国家試験合格。 子育てや仕事など、日々忙しい毎日ですが、家族と楽しみを分かち合いながら暮らしております。最近はFPVドローンや消しゴムはんこ作りにはまってます。 よろしくお願いしまーす。
advertisement