アウトドア

スント エレメンタム・テラの電池交換を自分でやってみた【SUUNTO ELEMENTUM TERRA】

ふじのん
ふじのん
こんにちは、ふじのんです。
今回の記事は、SUUNTO ELEMENTUM TERRA(スント エレメンタム・テラ)の電池交換を自分で行ってみたっていう記事です。タイトル長すぎですね。。。

本記事の内容については、メーカー保証を受けられなくなることを承知の上で実施したものであります。
本記事を参考に、同様の作業を行い不具合が発生しても、一切関知いたしませんこと、ご了承ください。

作業動画

SUUNTO=リストップ・コンピューター

SUUNTOの時計はリストップ・コンピューターと呼ばれており、VECTORでSUUNTOデビューしました。それ以降、長年愛用しています。

購入したきっかけは、当時社会人山岳会に入部しており、大先輩が腕にはめていて「なんだ、このでっかい時計は!?」と興味を持ちました。

ふじのん
ふじのん
SUNNTOを知ったきっかけですね。

存在感があること、丸々っとしている、かついかにもアウトドアっ!!という感じを前面に打ち出していて、一目で気になる存在になりました。

ふじのん
ふじのん
地元の登山用品専門店で購入しました。
その当時はイワタニ・プリムス株式会社が代理店でしたねー。
現在は、アメアスポーツジャパンが代理店ですね。

出会いのきっかけになるかも!?

VECTORをはめていたことで、「登山をするんですか?」と声を掛け合い、おたがいVECTOR愛用者であり、登山に一緒に行くきっかけになったことがあります。

VECTORは惜しまれつつも、製造中止になりましたが、私にとってとても思い入れのあるモデルです。

私のSUUNTO使用歴

私のSUUNTO使用歴はVECTORから始まり、サイクリングでのサイコンとして使用していたt3c、今回ご紹介するSUUNTO ELEMENTUM TERRAになります。

高級ラインELEMENTUMシリーズ

ELEMENTUMシリーズはSUUNTOが高級ラインとして打ち出していたモデルです。

他にもありましたが、ELEMENTUMシリーズの方が、武骨な感じで気にいっちゃったんですよね。

ふじのん
ふじのん
自分にご褒美をと思い、購入することにしました(爆)

VECTORやt3cと違い、持ってみてわかる高級感やガッチリ感、存在感は半端ないです。
新宿にある高級腕時計ショップで購入しましたが、店頭にSUUNTOが並んでいたのはギャップがありドキドキしたものです。

ふじのん
ふじのん
ですが、最大のデメリットは維持コストが高いというところなんですよね。

VECTORやt3cは自分自身で電池交換をするのは簡単ですが、ELEMENTUM TERRAは真逆なんですよねー。

「どうして、そういう仕様にしちゃったの!?」と思っちゃいます。

新品購入した時には、確か4回(購入して4年以内だったかな?)までは電池交換と点検、防水検査が無料で行える特典があるのですが、その特典を使いきっちゃうと、有料(4,500円+税)なんですよね。購入当時は3,000円くらいだった記憶が。。値上がりしたんですね。。。

ふじのん
ふじのん
並行輸入品のものは、もっと費用が高かった記憶が。。。

本記事投稿時点での価格はこちらSUUNTO公式HP

ふじのん
ふじのん
いろいろとボヤキを言っちゃいましたが、
SUUNTOはとっても好きなんですよ~

SUUNTO ELEMENTUM TERRA(スント エレメンタム・テラ トロピカル)

“トロピカル”のモデル名にふさわしいオレンジ色のラバーストラップが大きな特徴。フェイス部分のオレンジ色のラインと併せて、夏のバカンスをイメージさせる仕上がりとなっております。

SUUNTO ELEMENTUM TERRAはとても格好が良い時計だなと思っています。

トロピカルモデルは2013年5月24日発売になったもので、当時オールブラック、ステルスなどいろいろなカラー展開が図られていました。

オレンジ色のストラップや文字盤のオレンジのラインが購入の決め手になりました。

SUUNTO ELEMENTUM TERRA

本体ガラス素材: サファイア・クリスタルガラス
本体ケース素材: AISI 316Lステンレススティール
ストラップ素材: ウレタン
サイズ: 44.65×51×13.5mm
重量: 75g
防水: 100m(10気圧)
機能: 時刻表示、日付、アラーム、気圧計、高度計、天候予測、3Dコンパス、バックライト、高度ログ(最大8本)、累積上昇高度/累積下降高度、ボタンロック、クロノグラフ
使用範囲: 最高高度9,000mまで

電池交換に必要なもの

ふじのん
ふじのん
前置きはさておき、電池交換のやり方をお伝えしまーす。

必要物品

コイン型リチウム電池CR2032 1個

ふじのん
ふじのん
この電池、結構いろいろな家電に使われていると思うので、家に在庫があるかも。

アネックス へクスローブドライバー T6×50 No.6300

ふじのん
ふじのん
グリップ部がしっかりしていて、握りやすいです。

クリップ

ふじのん
ふじのん
家に一つくらいは転がっていると思います。
代用品としては、テグスなど強度のあるものがいいかも。

SUUNTO ELEMENTUM TERRA(スント エレメンタム・テラ)の電池交換・作業手順

(1)ネジを外します

(2)裏蓋を外します

裏蓋を外すコツは、クリップを伸ばし棒状にして、四隅部分の隙間に入れます。
ゆっくり、ゆっくりと力を入れ蓋を持ち上げるようにすると、裏蓋が外れます。

注意点は、裏蓋に取り付けられてあるセンサーと時計本体がリボンケーブルで接続されているので、むりに裏蓋を外そうとし勢い余ってしまうと、最悪断線してしまう可能性があります。

ふじのん
ふじのん
その点は、十分ご注意ください。

(3)電池を交換する

電池を新しいものと入れ替えます。

(4)裏蓋をはめ、ネジをとめる

Оリングのグリスアップの材料を持っている方は、しっかりとグリスアップを実施します。
時刻が表示されるのを確認し、リボンケーブルに気を付けながら、裏蓋をはめます。
その時の注意点は、Оリングがめくれたりずれたりしないか、確認してください。

(5)時計の設定を行う

時計の設定を行ったら、無事終了となります。
設定の仕方を忘れてしまったという方のために、SUUNTO ELEMENTUM TERRAユーザガイドのリンクを貼っておきます。

ふじのん
ふじのん
お疲れさまでした~
以上で、作業は終了です。
1年くらいで電池は切れちゃうので、燃費はよくないかなぁってイメージです。 機能がいろいろあるから仕方ないですね。

番外編

ELEMENTUM TERRAは一軍使用ではなく、補欠ちゃんになっています。
それは、なぜかというと、GARMIN(ガーミン) Instinctというスマートウォッチを3年近く愛用しているからです。

ふじのん
ふじのん
スマホのアプリと連携したり、ライフログ、GPSログを取ったりと、多機能で面白いんですよね。

昭和記念公園で自転車に乗った際に取得したログ

先日、自転車を漕いだ際、取得したログです。後で振り返ることができるので、楽しいんですよね。

上高地から槍ヶ岳までのルートで登った際のログ

こんなことも、記録できたり。あんなことも(笑)

これは、また別の機会に紹介します。

ふじのん
ふじのん
こちらのモデルを使用。
ふじのん
ふじのん
上のモデルの上位版。
ソーラー充電もできます。ただし、高くなります。
ABOUT ME
ふじのん
カングー乗りです。 アウトドアスポーツ好き。 趣味でベーグルを焼いています。 以前は電気関連の技術職でした。現在は医療従事者。第5回公認心理師国家試験合格。 子育てや仕事など、日々忙しい毎日ですが、家族と楽しみを分かち合いながら暮らしております。最近はFPVドローンや消しゴムはんこ作りにはまってます。 よろしくお願いしまーす。
advertisement